ヒトのミッション

「日」 「光」 「火」 「一」を

示すのが 「ひ」 の言霊です

昔の日本にあった

1から10までの数え言霊も

ひ・ふ・み・よ・い・む・な・や

ここのつ・とう・・というように

「ひ」から始まります

「ひ」 は「日」で太陽を表し

「ふ」 は風(ふう)で空気を示し

「み」 は水

「よ」 は世、地

「い」 現れる

「む」 虫

「な」 魚

「や」 鳥

「ここ」 獣

「と」 足りる・完了

この1から10に出てくるのは

自然界そのものです

古代人は数に託して

自然を歌い上げていたのですね

そしてわたしたちは「ヒト」

1から10までで

「ひ」からはじまり

「と」で終わるので

人間のことを「ひと」と

いうわけです

自然界の中でも

言葉を使い

完成されたのが人間です

自然と共に生きるのは

当たり前のことであり

自然を守る義務があります

すべての始まりは

「ひ・(太陽)」です

ヒトである私たちは

それぞれが太陽の

役割をもっています

太陽の役割は光で照らすこと

照らすとは相手の長所を

言葉という光(ひかり)で

ほめてあげることをいいます

わたちたちヒトの先祖は

お互い生き延びる為に

人間に進化していく中で

愛のある言葉というものを

獲得していきました

そうやって支え合って

生きるのが人です

これは人にしかできないことです

ヒトは「霊人」ともいいます

つまり魂をもって光を

言葉で表現し

人へ愛のある言霊を

伝える役割があります

目の前の相手の

いいところを見つけて

そこを伝えてあげる

その時あなたはまわりの太陽です

「ひ」の光で

「ひ」 人のハートに

「ひ」 火を灯してあげるのが

私たちヒトに与えられた

ミッションです

お天気がどうであれ

私たちはいつでも

光をまわりに

照らすことができる存在です

まほろばの風 

スピリチュアルガイド

マヤ

© 2023 by MOUNT SILICON. Proudly created with Wix.com